29歳OL借金105万返済日記。これってキツイ!?でも完済したい!!ブログを始めて8ヶ月、残高50万台になったのを機に目標をたて、とうとう2008年6月末完済しました!!今まで応援ありがとうございました!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰デー
2007年11月13日 (火) | 編集 |
ナニがどうご無沙汰なのか。
うわわわ、すみませんブログご無沙汰しております。
ここ最近ちょっと仕事がたてこんでおり、少し体調を崩したこともあって、ブログ更新できないまま数週間過ぎてしまいました。
読んでくださっている皆様すみません。
って、アレも実際ご無沙t←ダマレー!

決して借金返済に疲れて逃亡したのではなく!!
目標に変わりはないです。がんばって返済します!ムフー!

よちの話ですが。
体力が落ちているときには、気持ちもつられて降下しやすいもので。
たまーに、
ほんとたまーーに
精神的に落ち込んじゃう時があります。

そういうのは大抵、転職をした後半年くらいにやってきます。

仕事に慣れてきて、たまたま忙しくて疲れた時。
昇進したとか、普段より責任大きい仕事をしたとか人間関係とか
精神的ストレスを感じた時など。

なんか身体がだるいな~と風邪の初期症状ぽいのが出て(実際熱も出る)一日仕事をお休みするんだけど、こういう時クセモノなのは
なんか分からないけど会社へ行きたくない。疲れた
と思うことなんです。

ひーーーー!ごめんなさい!!社会人失格でごめんなさい!!
真面目に仕事してる方々ごめんなさい!

自分の身体のことだし、流石に転職も数回目なので傾向と対策は分かってきたつもりなのですが、こればっかりは。
「風邪だと思ってたらあれれ布団から家から出られないよ?」
と自分でもびっくりして「あぁ・・あれかな・・」と気づくのです。

やさしい旦那も、借金返済という目標も、120歳くらいまで生きるという根拠の無い自信もあるはずなのに。
こういう時はびっくりするくらい自分に自信が無くなります。
ひきこもりになる人の気持ちが分かる気がする。
日光浴びるのが怖い。家から出るのが怖い。

特によち独りの時間帯は、戸締りを厳重にして、カーテン締め切って、お風呂に入ってる時でさえ物音が怖くてなんども部屋を覗いたりして。

結局こういう症状の時はいつも1,2日くらい休んでしまいます。
今回はもう復活して会社へも行ってます。

毎回落ち込みます。何がそんなに怖いのかと自分自身に落ち込む。
そんなモードじゃない時は自分でも笑い話なんだけどなぁ。

落ち込みモードが入ったそんな時。
いつも心の支えになるのは、新卒で入社した会社の先輩が仰った言葉。

「人間ってのは一年のうちやっぱり気持ちの浮き沈みはあるんだよ。人によって周期は違うけど。
そういう時は、無理せず一日でも思い切って休むのがいいよ。」

「そのほうが、リフレッシュして頑張れる。
ズル休みじゃなくて必要な休みなんだよ。
もちろん私もそうよ。一年に一回は絶対そういう時あるんだから。」

そう言っていたずらっぽく笑って励ましてくださった先輩は、営業職バリバリで鳴り物入りで総合職に変わった方で、性別関係なく親しまれ上司からも可愛がられ、仕事も出来れば人間的にも素敵な尊敬すべき方でした。
たまたま同じ仕事でがんばっちゃってる(笑)よちに気づいて、休憩所へ誘ってくれてお茶飲みながらお話してくださいました。

泣きたくなるくらい嬉しかった。
こんなになって休んでもダメ人間じゃないんだよ、って言われた気がして。

「そうかな、なんか身体も心もキツイんだけど、これって休んでもいいのかな、甘えじゃないのかな」って不安だった自分を許してもらえた気がしたんです。
「こんなことで休むと私はダメ人間決定よ!」って思ってて、誰かに言われない限り、自分じゃ気づけなかったんです。

もちろん、
「復活してからその分頑張ればいいよ。恩返しするなら、きっちり休んで完全復活しないとね☆」
って、皆に恩返しするんだ、って今後の目標ができたのも良かった。

よちの名誉の為言っておきますが、同症状について周りの方に対してダメ人間と思ったことはありません。
たとえ人が会社を休んでも体調悪くても、本人じゃなくて事情も完全に把握できないので自分にはやみくもに非難は出来ないなぁと思っています。
それよりも、その人とずっと一緒にやっていきたい、その人らしく居てくれたらいいと思っているので。その人の分は周りで協力してリカバーするのは当たり前と思っています。
生きていてさえくれたらいいじゃん、みたいな。

あくまで↑の思考はよちが他人に対して思うことなので、他人がよちに対してそう思わなくても当たり前と思っています。
なので、いつも自分で自分を責めてた。

周りに自分のことをうまく伝えることができなかったよちは、先輩が口に出して言ってくださった言葉にとっても救われたのです。

あ、あと、もうひとつ。
就職する前に大学でガイダンスを行ってくれた先輩のお話。

「僕は正直、大学生の頃は学校に行かずに遊んで、引きこもっていたこともあった。そんなのが面接で何聞かれて話すんだ、って感じでしょ?でも僕は逆手にとったんです。『腐っていたら腐っていたなりにこういうことが分かりました』ってことを話したんです。」

これは目からウロコでした。
だって、よちは「腐っている間は腐っている」と思っていたから。
「腐っている間は、無駄で取り返しがつかないんだ」って。

でも先輩はそうじゃなかった。

たとえ腐ってても、それが腐ってたかどうかはその後の自分次第だってことを教えてくれた。
腐らなきゃ分からないこともあるってね。
お、腐るのも悪くないのかな、なんて

人生80年。
よちはもっと生きると思ってるので120年(笑)
そのうち数年なんて何十分の一よ!?てな感じで、
どーーんと構えてりゃいいんですよ。

ふー。年に数回の落ち込みモードではそれを思い出せなくなってた。
あぶないあぶない。

よちの人生残り90年ちょい(長っ)
まだまだ頑張りますぜ。

とりあえず、借金返済!
あと、マイホーム購入資金貯めるまでは働きたいなぁ。
と、ささやかな目先の目標へ向けて再出発ゴー!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。